スペイン料理が日本人に好まれる理由

スペイン料理と日本の共通点

● 魚料理が豊富な国
スペインは、ヨーロッパでは珍しく海産物をよく食べる国であり、イカやタコなどの海産物を使った料理が多いため、日本人の味覚に合うといわれています。
海産物主体で味を引き出すという料理法や味付けなどは、どこか日本の料理と似ている部分が多いようです。
また、日本料理として有名な魚や野菜を揚げる天ぷらの語源はスペイン語からではないかという一説もあります。


● 豊富な食材を楽しめる
スペインがあるイベリア半島は、地中海に面しながらも山地もあるため、海の幸&山の幸のどちらも堪能できる料理が豊富に存在しています。
新鮮な魚介類や野菜が手に入るため、素材の美味しさを引き出すシンプルな味付けが可能となり、これは、ソースや味付けに頼らない日本の調理法と共通している部分でもあります。
自然の恵みを受けた食材の楽しみ方が、スペインと日本の共通点といえるのです。


本場のスペイン料理を、さらに日本人好みに調理し食べやすく提供しているのが、日本のスペイン料理店です。
そんなスペイン料理に舌鼓を打つなら、鎌倉駅西口を出てすぐのカフェ鎌倉美学へお越しください。
こちらでは、20年ものキャリアを積んだシェフのこだわりがたっぷり詰まった、美味しいスペイン料理をご堪能いただけます。
お昼は気軽に立ち寄れるカフェ、夜は異国情緒溢れるスペインバルで、ボリューム満点のバラエティーに富んだお料理とワインの数々を、心ゆくまでお楽しみください。