スペインの食文化

スペイン スペインの食文化は日本人から見ると驚くことが多いかもしれません。
その1つが、1日の食事の回数の多さです。

日本では1日3食が一般的ですが、スペインでは1日5食は食べるといわれています。
他にも、豚肉を食べるようになった歴史的背景など、スペインの興味深い食文化について紹介します。

 

1日5食の時間割


(1)午前8時~9時の朝食「デサジューノ」
カフェコンレチェ(ミルクたっぷりのコーヒー)と、クロワッサン又はトーストで軽めの朝食を済まします。

(2)午前11時~午後1時の間食「メリエンダ・メディア・マニアーナ」
バル(スペイン式の居酒屋)でボカデージョ(フランスパンのサンドウィッチ)やタパス(おつまみ)などをつまんで小腹を満たします。

(3)午後2時~3時の昼食「コミーダ」
スペインでは、夕食よりも昼食が重要な食事とされています。
サラリーマンは午後2時に仕事を切り上げ、自宅へ戻ります。
ボリュームのある食事をとったあとは休息をとります。
その後、サラリーマンは午後5時までに会社へ戻り仕事を再開します。

(4)午後7時~8時の間食「メリエンダ」
男性はバルに行ってタパスとお酒を、女性はカフェでスウィーツやコーヒーで軽くお腹を満たします。

(5)午後9時~11時の夕食「セナ」
昼食に多量のカロリーを摂取しているため、スープなどの軽食で済ませます。
ヨーグルトやフルーツと軽めの方もいらっしゃいますが、中にはお肉料理を召し上がる方もいるそうです。
人気のあるバルは会社帰りのサラリーマンで賑わいます。

 

スペイン料理と豚肉の関係

スペインは8世紀から16世紀まで、イスラム教徒に支配されていた歴史があります。
イスラム教徒は豚肉どころか、成分を少しでも含んだ食品がタブーとされています。
しかし、スペイン料理には豚肉を使ったお料理がたくさん存在しています。

その理由として、キリスト教徒による国土回復運動(レコンキスタ)があります。
スペインに残ることを選んだイスラム教徒やユダヤ教徒の人々は、生き延びるためにイスラム教徒ではないことを証明する必要がありました。
その証明として、踏み絵的な役割を持っていたのが豚肉です。
タブーとされる豚肉を食べることは、改宗を裏付ける重要な証拠とされました。

 

ランチプレート 鎌倉にあるスペインバルといえば、カフェ鎌倉美学です。
カフェ鎌倉美学では、10種類以上のグラスワインが500円からお楽しみいただけます。
本場のスペインバルのように、お好みでおかず選べるランチプレートでつかの間の異国気分を味わってはいかがでしょうか。

おしゃれで雰囲気のある店内は、デートコースにもおすすめです。
BarTimeもございますので、会社帰りにも是非ご利用ください。