魅力あるスペイン料理

スペイン スペイン料理といえば、何のお料理を思い浮かべますか?きっと多くの方は、お米料理のパエリアやスパニッシュオムレツ、生ハムなどを思い浮かべるのではないでしょうか。

魚介類やお肉、お米などの馴染み深い食材を多く使用するスペイン料理は、日本人の味覚にも合っているといわれています。
スペインは歴史的にさまざまな民族の影響を受け、料理も地域ごとに独自の発展を遂げてきました。

 

地方色豊かに発展した料理

 

・北西部(ガリシア、アストゥリアス、カンタブリア)
ガリシア地方はカンタブリア海と大西洋の二つの海に面し、緑豊かな丘陵地帯が広がる地域です。
この地域は漁港が多く魚介類が豊富なため、海の幸を使ったお料理が有名です。
この地方の料理はフランスのブルターニュ地方や、ノルマンディ地方の料理と似ています。

・北東部(バスク、ナバラ、アラゴン)
スペイン北東部のカタールニャ地方は、ピレネー山脈や地中海など、さまざまな自然が融合している地域です。
フランスを始めとしたさまざまな国の文化を色濃く受け、スペインの中でもっとも洗練された伝統料理といわれています。
山の幸・海の幸にも恵まれ、ソースを使ったお料理が有名です。

・中央部(カスティーリャ)
ドン・キホーテの舞台としても有名なカスティーリャは、夏と冬の寒暖の差が激しく、広大な荒野からなる高原に位置しています。
海がないため、狩猟が日常的となっていたため肉料理が発達しました。
お肉を豪快に丸ごとローストした料理が多く、もっとも有名なものがコチニージョ・アサドという子豚を丸焼きにした料理です。
他にも、スペイン版ポトフのコシード(野菜と子羊、内臓、豆などの煮込み料理)が有名です。

・地中海沿岸(ムルシア、バレンシア、カタルーニャ)
温暖な気候の地中海沿岸部は、豊富な海の幸と野菜や果物など新鮮な食材に恵まれています。
アラブ人によって米の栽培がもたらされたことで、現在では米の国ともよばれるほど稲作が盛んになりました。
日本でも有名なパエリアはこの地域が発祥です。

 

カレー カフェ鎌倉美学では、スペイン産生ハムのハモンセラーノや、タコとえびのたっぷり野菜のマリネ、牛モツの煮込みマドリード風など、ワインがすすむメニューが豊富に揃っております。

平日のランチタイムは、おかずが選べるランチプレートや、人気の美学カレーもございます。
美味しいスペイン料理が食べたくなったら、是非、カフェ鎌倉美学へお立ち寄りください。
こだわりのおしゃれな空間で、女子会にもおすすめです。